Nao Kodama × Kan Sano

児玉奈央 写真・左

16歳の時、Carole Kingの「Tapestry」を聴いて衝撃を受け歌い始める。
2005年唄とマンドリン、ギターからなるアコースティック・ユニット “YoLeYoLe”を結成。
湘南を拠点に全国の野外イベントやカフェ等数多くのライブツアーを行い、各地で人気を得る。
2009年1st Solo Album『MAKER』 を、2010年2nd Album『SPARK』をリリース。
2011年7月 "児玉奈央と青柳拓次" 名義で、カバーアルバム『Family Songs』を発売。
2013年4月永野亮プロデュースによるミニアルバム『MAGIC HOUR』をライブ会場とオンラインショップ限定でリリース。
2019年4月、セルフプロデュースによる9年振りのニューアルバム『IN YOUR BOX』をリリースし、アルバムリリースツアーを開催。
現在はソロでの活動を中心に「Fuji Rock Festival」「頂」などの野外フェスやイベントに多数出演。
TV-CMソングの歌唱でも活躍中。心地良く柔らかいながらも、時に力強い唄は人の心にまっすぐ届く。
印象的なその唄声に魅了されるファンが多い。

Official Website naoecho.com


Kan Sano 写真・右

キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサー。
バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。
リリースした4枚のソロアルバムや、メンバーとして参加している松浦俊夫 presents HEXは国内のみならずアジア、ヨーロッパでもリリースされ話題となり、FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL、朝霧JAM、Monterey Jazz Festival、フランス World Wide Festivalなど国内外の大型フェスに出演。
新世代のトラックメイカーとしてビートミュージックシーンを牽引する存在である一方、ピアノ一本での即興演奏ライブも展開。
ジャズとクラシックを融合したような独自のスタイルが話題となっている。

Official Website kansano.com



ページトップへ