中山うり

“11”


Buy CD

こちらのアルバムは全国のCDショップ、配信サイトで、ご購入が可能です。 通信販売は、タフビーツオンラインショップと下の各ショップでお取り扱いしております。

  • TuffBeatsショップで購入
  • amazonで購入
  • iTunesで購入
  • 2020.6.10(DIGITAL / CD)
  • CD | UBCA-1069 | 2,500円(+tax)

前作「カルデラ」から丸2年ぶり、中山うり11枚目のフルアルバムが完成!
ブルーハーツの名曲カバー「月の爆撃機」、初期の代表曲「マドロス横丁」の再録も収録した意欲作!

今作『11』には、中山うり自身の日々の暮らしをユーモラスに綴った 「茶をすする」、「風邪薬」や、古いジャズのようにアレンジされた近所の野良猫の歌「大佐」、大渕愛子(フィドル)と小林創(ピアノ)の掛け合いが印象的な 「僕じゃない」、多重コーラスが美しい「窓際のトランペット」などの他、NHKドラマ「捨て猫に拾われた男」のために制作された 「キミは天使」「雨のピチカート」のアルバムバージョン、ブルーハーツの名曲カバー「月の爆撃機」、初期の代表曲「マドロス横丁」の再録セッションも含めた11曲を収録。

古い建物が壊されて新しい建物がそこに建ってしまえば、元々の風景を全然思い出せなくなる。東京の生活の中で簡単に変わりゆく風景や過ごした時間、その時の喪失感をショートムービーのようにパッケージにした。

品番: UBCA-1069
Released by A.O.I / Tuff Beats
Distributed by Space Shower Network Inc.

収録曲

  1. ラストシーン
  2. 風邪薬
  3. 雨のピチカート
  4. 大佐
  5. 茶をすする
  6. 月の爆撃機
  7. 蛇口
  8. キミは天使
  9. 窓際のトランペット
  10. 僕じゃない
  11. マドロス横丁

本人による曲解説

1. ラストシーン
小林創によるピアノのイントロから幕開け。
東京の十条駅前の都市開発によって街の人にも愛された馴染みのお店や景色がどんどん無くなってきている中で作った曲。

2. 風邪薬
ツアー中に熱を出してしまう事が何回かあり、無理やり熱冷ましを飲んでライブをし、夜になったらまた熱が上がって薬を飲んでを繰り返しやり過ごしたしんどい経験からできた曲。

3. 雨のピチカート
ドラマ「捨て猫に拾われた男」のオープニング曲のために作った曲。冬の間は悶々として‘春になったらかっこいい靴を探しに行こう’という気分で作ったつもりが、実際にはコロナで自粛生活になってしまった。

4. 大佐
近所でよく見かけていた野良猫の事を歌にした。体に触れた事はないが、目が合うと可愛い声で小さく鳴き、大佐のような髭をつけた面白い顔をしていたため、近所でも有名な猫だった。

5. 茶をすする
事あるごとにお茶ばかり飲んでリフレッシュしようとする不思議な生き物「人間」の歌。

6. 月の爆撃機
中学生の頃、学校の机に誰にも読めないくらい小さい字でブルーハーツの歌詞を書いていた。
当時の私にとっては自分でもよくわからないもやもや、鬱憤を代弁してくれているような気持ちになって、なんて優しい歌なんだろうと思っていた。「いつでもまっすぐ歩けるか」という言葉はいつも自分自身に問いかけてくるような、背中を押してもらうようなそんな言葉。

7. 蛇口
憧れや願望が渦巻く10代、20代。
ふと強烈に何かに興味を持てる事が少なくなっていると感じ、さみしい気持ちになる今日この頃。あんまり頑張らないで今しか作れない曲を作った。

8. キミは天使
ドラマ「捨て猫に拾われた男」のエンディングテーマのために制作。
猫の歌は多いけど、ストレートに猫への気持ちを歌にした。

9. 窓際のトランペット
小学校からトランペットを吹奏楽で吹いていた。夏は冷房のない教室でのパート練習が本当にきつく地味なものだった。高校の時は夏休みはほとんどなく朝から夜まで練習。
時折思い出す長くて短い夏休みを歌にした。

10. 僕じゃない
デビューの頃の曲からずいぶん変わった部分はあると思うけど、自分にとっては今作っている最新の曲が一番好きだったりもする。
そんな気持ちで生まれた曲。

11. マドロス横丁
デビュー当時の曲の再録。
当時プロデューサーのs-kenさんと顔を突き合わせながら制作していた曲の中でも思い出深い曲。


ページトップへ